jacky teRRasson : smile

 

センスがいいとは、こういうことを言うのだな、と思わせるピアノトリオ。

アートとしても、BGMとしても、素晴らしいアルバム。

 

 

Track Listing:

1. Parisian Thoroughfare

2. Mo Better Blues

3. Smile

4. Sous le Ciel de Paris

5. Isn’t She Lovely?

6. The Dolphin

7. Nardis

8. Autumn Leaves

9. My Funny Valentine

10. 59

Personnel:

Jacky Terrasson – piano;

Sean Smith – acoustic bass;

Eric Harland – drums;

Remi Vignolo – electric bass (tracks 2, 4, 5)

Year Released: 2003 | Record Label: Blue Note Records

ジャッキー・テラソンは、生で聴いて一番音が大きかったかも。

音が生えてたとでも言いますか。

IMG_5443

いい音だ。

いん相模湖。

RecoRding days

IMG_5374

 

レコーディングでした。

新たな挑戦ができた気がします。

IMG_5375

 

2日間のためにたくさん準備しましたが、どのように音に反映されるのか。

結果が楽しみです。

IMG_5384

 

 

きっと楽しいアルバムができると信じて。

 

IMG_5365

 

なんかまた寒くなったなぁ。

 

wayne shoRter

speak no evil

 

 

 

1. “Witch Hunt” 8:11
2. “Fee-Fi-Fo-Fum” 5:54
3. “Dance Cadaverous” 6:45
4. “Speak No Evil” 8:23
5. “Infant Eyes” 6:54
6. “Wild Flower”

 

Personnel

 

いつ聴いても新しい名盤。

ジャズの枠を超えているアルバムだと思います。

 

 

 

 

img_4877

 

ん?

 

 

Miles Davis

 

 

My Funny Valentine:  Miles Davis in Concert

 

It was recorded at a concert at the Philharmonic Hall of Lincoln CenterNew York CityNY, on February 12, 1964.

 

 

  1. My Funny Valentine
  2. All of You
  3. Stella by Starlight
  4. All Blues
  5. I Thought About You

 

personnel

Miles Davis – Trumpet

George Coleman – Tenor Saxophone

Herbie Hancock – Piano

Ron Carter – Double Bass

Tony Williams – Drums

 

一番好きなアルバムのひとつ。

 

ジャズが本当に好きになったのはこのアルバムのおかげです。

 

マイルスの圧倒的な存在感と、他のプレイヤーのインタープレイに驚いたのを覚えています。

 

トニーのカラーリングするようなドラミング。ドライブ感。ドラムの音色。

 

真似できない素晴らしさです。

 

 

 

img_5210