jazz has become the least-populaR genRe in the u.s.

you stepped out of a dream

Oscar Peterson – Piano
Sam Jones – Bass
Bobby Durham – Drums
Dexter Gordon – Tenor Sax

http://thejazzline.com/news/2015/03/jazz-least-popular-music-genre/

tjl-digital-album-sales-graph

“The Jazz Line”の記事

「ジャズはアメリカでもっとも人気のないジャンルになった」

が話題になっているようです。

ジョシュア-レッドマン、アントニオ-サンチェスらがこの記事をツイートして、熱い思いを語っていますが、その記事の内容を訳します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Nielsen’s 2014 year-end report にの調査によると

ジャズはアメリカで最も売れない音楽であり、

年々売り上げが落ち続けている。

2011年、CDやデジタル全ての媒体を含み、合計1100万枚のジャズの売り上げがあった。

これは音楽業界全体の売り上げの2.8%だが、

2012年は2.2%、2014年にはちょうど2%までになった。

この2%は520万枚のアルバムがジャズ全体で売られたことを意味する。

ちなみにテイラー-スゥイフトは2014年末の2ヶ月で370万枚売っている。

もう一つ危険な傾向がある。

デジタルアルバムだけの売り上げを見ると、(上のグラフ)

ジャズだけが売り上げが減少しているのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アントニオ-サンチェスのコメントはこちら。

抜粋…

もう一つのジャズが私を悩ませる側面はいかにミュージシャンがショーを演出するかだ。ロックコンサートに行けば、それは”ギグ”とは異なる。”イベント”だ。ジャズミュージシャンが演奏する時、大抵は”ギグ”だ。その違いは場所やライティングなどではない。客が払う金額に見合う態度と準備をいかにしているかだ。客はその午後のために時間を割き、ベビーシッターを用意し、地下鉄や車に乗り、いいものを聴くためにお金を払う。私たちは特別なものと感じさせる責務がある。ただたくさんのミュージシャンが集まってジャムをすればいいというものではない。いったい私がこなしたいくつのギグにおいて、リーダーがたいして意図も持たずセットリストを組んでいたか、語るべくもない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ニコラス-ペイトンはかなり以前のことになりますが、こんなことを書いています。

https://nicholaspayton.wordpress.com/2011/11/27/on-why-jazz-isnt-cool-anymore/

「ジャズは1959年に死んだ。」

もっと前にはウイントンとキースが喧嘩したこともありました。

これもジャズの方向性についての論議だったのではと思います。

ジャズに対して、音楽に対して、真摯に向き合うべきだと痛感します。

how do you Rehearse the unknown? / wayne shoRteR

http://www.npr.org/2013/02/02/170882668/wayne-shorter-on-jazz-how-do-you-rehearse-the-unknown

wayneshorter3byrobert_ascroft2

Interviewer

コルトレーン、ブレイキー、マイルズとの活動の中で得たものから、どんなことを若いミュージシャンに伝えたい?

Wayne

共通しているのは、放っておくことだ。

マイルズならあの声で「放っておけ」と言うだろうね。

だれかがトニー・ウイリアムズに「あのドラマーは音がでかすぎる。」と言ったとして、マイルズは「マイクがあるんだから、放っておけ」と言うだろうね。(笑)

マイルズといた6年間で、僕等は一度も音楽について語らなかったし、一度もリハーサルはしなかった。今思い出したけど、驚きだね。・・・

ジャズには指示なんて必要ないんだ。

ジャズのようなサウンドにするために必要なものなんて何もない。

僕にとって、ジャズという言葉が意味するところは、挑戦するということだよ。

シンコペーションを上手にできました、なんてことより、何かを突き破るために努力することのほうが、よっぽど価値がある。

そしてジャズとは、予期せぬことに対処するということだ。

予期せぬことの対処法なんて、誰もわからないだろ。

なのに、どうやってそんな未知のものをリハーサルするんだい?

february 2, 2013

(抜粋)

 

 

 

来月来日します。もうすぐ80歳だそうです。

the eight points

 

 

 

懐かしいプリントが出てきました。

コンピングについて習った授業。

ピアノで言うバッキング、

ドラムで言うと、左手のスネアの入れ方。

あと、ジャズに特徴的な緊張と緩和の解決点を、

どの拍におくべきかということ。

 

 

1&3拍目

終結感が高いので、解決点としては使う頻度は、最も少ない。

 

2&4拍目

スイング感を出すために重要なビート。ここで解決すると効果的。

 

1、3拍目のウラ

脇腹への肘うちのように刺激があり、短縮、引っ張るようなビート。

リズムを前に進ませる効果がある。

 

2、4拍目のウラ

拡張し、引き延ばすビート。マイルズ・デイビスに有名。

 

ralph peterson師匠もマイルスを引き合いに出して、

曲の最後以外で、1拍目でシンバルを叩くな、と言っていました。

スイングの躍動感が止まってしまうから。

 

 

 

 

 

 

がおーっ。

 

 

 

 

THE 東京駅。

Tip for counting 3/4 time – Chick’s advice

Q 3/4を数えるコツはありますか?

A デジタルメトロノームを用意して3/4にセットする。「ピ・ピ・ピ、ピ・ピ・ピ」と最初の拍が大きく鳴るだろう。テンポも調節できるし、速くも遅くも出来る。

そこから練習する2つの方法がある。口に出さずに「1−2−3」と考えること。ただ「−2−3、−2−3」と考えるんだ。しばらくすると、ダンスのようにただ3拍子を感じることが出来るよ。

そしてラジオや曲に合わせて、「1−2−3」と言う練習をする。そうすると音楽が3/4で作られていることをはっきりと認識できるようになるよ。

— Chick

 

bill stewartも同様のことを言っていました。変拍子も同じように練習し、最終的には「1ーーーー」しか数えない=「1」で感じるそうです。

 

 

 

master Ralph peteRson

 

 

 

happy birthday Mr. ralph peterson.

 

師匠50歳になったようです。

ニューアルバムも出して、まだまだ元気。

バークリーの教授になってから(准教授?)あまりライブをやっていないようですが、是非日本に来てほしいです。