gReg hutchinson / fReddie fReeloadeR – Ray bRown

 

https://itunes.apple.com/us/album/liv…

https://open.spotify.com/album/3VQlwd…

https://www.youtube.com/playlist?list…

 

 

it was fun to transcribe and play this marvelous solo !!

 

 

Benny Green(pf)

Ray brown(bs)

Greg Hutchinson(ds)

 

 

この三人のトリオの集大成ともいうべき名盤。

晩年のレイ・ブラウンのプレイは圧巻です。

グレッグのうねるようなスイング感はソロにも通じており、

譜面には書けないような、タイムの揺れがなんとも言えません。

テクニック的に難しいことより、グルーブの大切さ、フレージングの独創性が、

人の心を動かす音楽につながると、思わせてくれるソロです。

 

カッコいいなぁ。

 

 

 

 


 

 

 

わん。

studies

にも。

 

Advertisements

lewis nash tRanscRiption / too close foR comfoRt – chRistian mcbRide

 

 

 

 

今では入手困難なクリスチャン・マクブライドの名盤 ” Gettin’ to it “。

たぶんマクブライドのファースト・リーダー・アルバム。

この曲のアルコ・ソロは圧巻です。

 

そしてブラシといえばルイス・ナッシュ。

構成、メロディアスなフレーズ。

完璧です。

ブラシって、そしてドラムってカッコいいと思わせてくれるソロです。

 

 

 

tRanscRiption – philly joe jones

 

 

 

3. Philly Joe Jones drum solo on “Love” from ” Cool Struttin’ ” by Sonny Clark

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Cool_Struttin%27

https://itunes.apple.com/jp/album/coo…

 

 

 

transcription

l2l3

l4l5l6

 

ファスト・スイングのソロ。

テクニック的には難しくないのですが、このキレと疾走感が難しいです。

ソロよりもハイハットのグルーブがカッコいいかもしれません。

 

gReg hutchinson

Peter Martin trio のライブに行ってきました。

 

peter martin (pf)

ruben rodgers (bs)

greg hutchinson (ds)

 

 

グレッグは数年前からSAKAEを使ってます。

 

いい音だ。

 

 

peter martinを見るのは2回目です。

 

トリオでもリズム・セクションとしても上手いです。

 

 

後から来たおぢさんが

 

「このピアノ知らないんだよなぁ〜。」

 

と言ってました。

 

でも喜んで帰っていったようです。

 

 

 

 

メイン・ライドがヴィンテージのKでした。

 

 

ちなみに下は前回のコットン・クラブのセット。

 

IMG_3817

 

 

 

 

かあっこいいーっ!!

 

グレッグ相変わらずキレッキレッでした。