moRitakayuki gRoup live in the glee

 

 

 

This slideshow requires JavaScript.

23nd September Sat 2017

Live at The Glee in Shinjyuku, Tokyo

 

fullsizeoutput_2620

 

 

fullsizeoutput_2622

fullsizeoutput_262a

 

Set list

1st

 

①introduction  –  Caravan (Duke Ellington)

②Expressman (Moritaka Yuki)

③Mistral (Moritaka Yuki)

④Justice (Moritaka Yuki)

⑤Odessa (Moritaka Yuki)

⑥Question & Answer (Pat Metheny)

 

 

 

2nd

①Spain (Chick Corea)

②Calypso (Kenny Barron)

③No Quarter (Led Zeppelin)

④First nations (Moritaka Yuki)

⑤Seagull (Moritaka Yuki)

⑥Mirage (Moritaka Yuki)

encore.   Actual Proof (Herbie Hancock)

 

fullsizeoutput_2621

 

fullsizeoutput_2624

 

fullsizeoutput_262a

 

 

fullsizeoutput_262e

 

 

たくさんのお客さんに来ていただきました。

 

うれしいなぁ。

 

お礼を伝えて回らねば。

 

 

 

 

fullsizeoutput_262f

 

 

fullsizeoutput_2632

 

 

とにかくこれでレコ発も一区切り。

 

ひとつの作品が形になり、

 

間近で聴いてもらえて、反応をもらえるというのは

 

創作活動において、いちばんの喜びではないでしょうか。

 

上手かろうと、下手だろうと

 

実直な音楽こそが、人に伝わるのだと思います。

 

 

 

 

 

ただ既成の音楽を、垂れ流すだけでは

 

いけないのです。

 

ましてや、レッスンでお金をとるだけで

 

プロを気取るような音楽家は

 

いてはいけないのです。

 

fullsizeoutput_2631

 

さぁ、これからも人生は続くぞ。

 

ガンバロー!

 

IMG_6157

雄叫び in 久慈 岩手

 

 

Advertisements

la citta della

IMG_5833

 

2017.7.12(wed)

La Cittadella 川崎

Moritakayuki Group

[set list]

1 Question & Answer [ METHENY ]

2 Justice

3 Odessa

4 Expressman

5 Mistral

6 Caravan [ ELLINGTON ]

7 First Nations

8 Seagull

9 Mirage

encore  Actual Proof [ HANCOCK ]

 

Mori Takayuki (bs)

takuRo (dr)

Masaaki Nomura (pf)

Junko Sasaki (fl)

 

 

 

IMG_5880

 

暑かった!

 

DSC02395

 

始まっても暑かった!

 

IMG_5844

 

夜なのに暑かった!

 

DSC02401.JPG

 

演奏も熱かった!

 

 

チッタデッラは2回目ですが、

見ず知らずの方に聴いてもらえるので、

嘘のない反応がもらえる気がして、

気合が入ります。

 

音楽の醍醐味。

 

たくさんの方に足を止めていただきました。

ありがたいです。

 

 

IMG_5862

 

楽しかったー。

 

 

 

 

 

 

 

jacky teRRasson : smile

 

センスがいいとは、こういうことを言うのだな、と思わせるピアノトリオ。

アートとしても、BGMとしても、素晴らしいアルバム。

 

 

Track Listing:

1. Parisian Thoroughfare

2. Mo Better Blues

3. Smile

4. Sous le Ciel de Paris

5. Isn’t She Lovely?

6. The Dolphin

7. Nardis

8. Autumn Leaves

9. My Funny Valentine

10. 59

Personnel:

Jacky Terrasson – piano;

Sean Smith – acoustic bass;

Eric Harland – drums;

Remi Vignolo – electric bass (tracks 2, 4, 5)

Year Released: 2003 | Record Label: Blue Note Records

ジャッキー・テラソンは、生で聴いて一番音が大きかったかも。

音が生えてたとでも言いますか。

IMG_5443

いい音だ。

いん相模湖。

we thRee

 

 

piano trio のレコーディングを終えたので。

ぴあのの名盤を選びました。

 

 

Track listing

  1. “Reflection” (Ray Bryant) – 4:24
  2. “Sugar Ray” (Phineas Newborn) – 6:25
  3. “Solitaire” (King Guion, Carl Nutter, Renee Borek) – 8:54
  4. After Hours” (Avery Parrish) – 11:21
  5. “Sneakin’ Around” (Bryant) – 4:24
  6. “Tadd’s Delight” (Tadd Dameron) – 4:01

Personnel

 

 

 

ロイ・ヘインズかっこいい。

 

昔NYのスイートベイジルのブランチに行ったら、一人でワイン飲んでました。

 

話しかけると気さくにお話ししてくれたのを覚えています。

 

 

 

 

IMG_5337

 

 

甘酒おいし。

 

wayne shoRter

speak no evil

 

 

 

1. “Witch Hunt” 8:11
2. “Fee-Fi-Fo-Fum” 5:54
3. “Dance Cadaverous” 6:45
4. “Speak No Evil” 8:23
5. “Infant Eyes” 6:54
6. “Wild Flower”

 

Personnel

 

いつ聴いても新しい名盤。

ジャズの枠を超えているアルバムだと思います。

 

 

 

 

img_4877

 

ん?