RecoRding days

IMG_5374

 

レコーディングでした。

新たな挑戦ができた気がします。

IMG_5375

 

2日間のためにたくさん準備しましたが、どのように音に反映されるのか。

結果が楽しみです。

IMG_5384

 

 

きっと楽しいアルバムができると信じて。

 

IMG_5365

 

なんかまた寒くなったなぁ。

 

wayne shoRter

speak no evil

 

 

 

1. “Witch Hunt” 8:11
2. “Fee-Fi-Fo-Fum” 5:54
3. “Dance Cadaverous” 6:45
4. “Speak No Evil” 8:23
5. “Infant Eyes” 6:54
6. “Wild Flower”

 

Personnel

 

いつ聴いても新しい名盤。

ジャズの枠を超えているアルバムだと思います。

 

 

 

 

img_4877

 

ん?

 

 

nate smith

KINFOLK: Postcards from Everywhere

Nate Smith

Released: Feb 03, 2017     ℗ 2016 Waterbaby Music Inc./Ropeadope LLC

 

42歳の若手?ドラマー。

今一番の注目株。

そのグルーブ感はchris daveにも通づるところがあります。

豪華なメンバーのこのアルバム。

曲もイイです。

 

 

https://itunes.apple.com/us/album/kinfolk-postcards-from-everywhere/id1184474775

 

img_5170

Miles Davis

 

 

My Funny Valentine:  Miles Davis in Concert

 

It was recorded at a concert at the Philharmonic Hall of Lincoln CenterNew York CityNY, on February 12, 1964.

 

 

  1. My Funny Valentine
  2. All of You
  3. Stella by Starlight
  4. All Blues
  5. I Thought About You

 

personnel

Miles Davis – Trumpet

George Coleman – Tenor Saxophone

Herbie Hancock – Piano

Ron Carter – Double Bass

Tony Williams – Drums

 

一番好きなアルバムのひとつ。

 

ジャズが本当に好きになったのはこのアルバムのおかげです。

 

マイルスの圧倒的な存在感と、他のプレイヤーのインタープレイに驚いたのを覚えています。

 

トニーのカラーリングするようなドラミング。ドライブ感。ドラムの音色。

 

真似できない素晴らしさです。

 

 

 

img_5210