Tag Archives: Kenny Garrett

baR hatis

Standard

8/25 厚木のbar hatisにて、若月ひでおトリオのライブでした。

きっちり作り込むのも楽しいですが、少人数でコール&レスポンスを楽しむのもいいです。

お客様も楽しんでくれたようでよかったです。

 

ピアノトリオと言えば、大西順子さんが引退を表明しました。

確か一回いなくなったと思うのですが、

 

junko onishi と言えば、やっぱりこれかなぁ。

 

以下、引退記事です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120828-00000031-natalien-musi

 

抜粋

「もともと、17歳でジャズという音楽に初めて触れ、それ以来ジャズの巨人達の足跡をたどり、自分なりの解釈で作品を作ったり、ライブ、コンサートという活動の場を頂き幸運にもそれをお仕事にさせて頂いてくる事が出来ました。がしかし、それらで私が発表してきたものは果たして「自分の音楽」と呼べるものだったのでしょうか?
結局既に存在するものを自分というフィルターを通して焼き直すだけだったようにも思われます。
時として、それはオリジナルを台無しにすることも多々あったんではないでしょうか。要は自分のための勉強、もっと言えば、自分の為だけに、というエゴをそのまま仕事にさせて頂くという本来ショービジネスにはあってはならないことを生業にしてきたと今痛感しています。」

 

 

fReddie hubbaRd

Standard

Mark Templeton Piano, Carl Allen drums, Kenny Garrett Alto Sax, Ira Coleman Bass

元はArt Blakey & Jazz MessengersのCaravanから。

Carl AllenとKenny Garrettは別人のようです。

以下クリスチャン・マクブライドのインタビューから。

「フレディ・ハバードとの共演は最高だった。高校時代にあった素晴らしいドラマーにカール・アレンがいる。カールはもうそのときフレディと共演していて、フレディと演りたいと思っているヤツはみんなそのことを知ってたんだ。カールはフレディのドラマーだけでなく、ロードマネージャーもやってた。ピアノはベニー・グリーンで、彼はニューヨークに来てからの俺の親友って言えると思うよ。彼はボビー・ワトソンとも演っていたから本当にいい友達になれたんだ。あるときソデででカールに耳打ちしたんだ。『なぁ、ベースのジェフが都合がつかないとき、フレディは誰を使うんだよ?』『まぁ、空いてるヤツだろうね。』『よければ、俺の名前を出しといてくれよ。』『わかってるよ。大丈夫。心配すんな。良いように言っておいてやるよ。』ツキが巡ってきて、ベーシストのジェフがギグに行けないことがあって、カールが俺に電話してきた。『さぁチャンスだぜ、準備は良いかい?』俺はシカゴに飛んで、サウスショアジャズフェスティバルで演奏した。それから2年半フレディのバンドでプレイしたけど、驚異的な経験だったね。彼と一緒にいられたことも、一緒に聴いたすごい音楽もね。俺は高校時代にフレディを生で見ていたけど、そのときのフレディは全く同じエネルギーで、ロックやR&Bのショーを見ているようだったよ。炎のようなエネルギーだったね。フレディを見ると観客は叫ぶようなんだ。信じられなかったね。ジャズとはあのようにあるべきだよ。」

Christian McBride: Yes.  That was the cherry on top.  One of the musicians I had met in high school was the great drummer, Carl Allen.  Carl was playing both with Freddie Hubbard, and everybody knew that if you wanted to play with FreddieCarl Allen was the man to talk to because not only was he Freddie’s drummer, but he was also Freddie’s road manager.  Freddie’s pianist at that time was Benny Green who had become probably my closest and dearest friend upon my arrival in New York.  He was playing some of those early gigs with Bobby Watson as well.  So Benny and I got to be really great friends.  I would nudge Carl in the side and say, “Hey, man.”  Freddie’s bass player at that time was a gentleman by the name of Jeff Chambers.  I said, “So, Carl, when Jeff can’t make it who does Freddie use?”  “Oh well, whoever is available.”  I said, “Well, if it’s not too much to ask throw my name in the hat.”  Carl said, “I got it.  Don’t worry.  Don’t worry.  I’ll put in the good word for you,” and as fate would have it a show came up, Jeff couldn’t do it and Carl called me up.  He said, “All right, here’s your chance.  You ready?”  And I flew to Chicago and played the South Shore Jazz Festival, and I stayed in Freddie’s band for two and a half years.  And it was just the most amazing experience getting to hang with him, getting to listen to someone with that level of mastery up close.  I’d seen Freddie play live when I was in high school, and the energy was the same as a rock and roll or an R&B show.  It was so much fire, so much energy.  Hearing him play, just people in the audience were like shouting.  It was incredible.  Jazz is supposed to be mature.