pathetique tchaikovsky

 

先日、初台のオベラシティにキエフ国立交響楽団を聴きにいきました。

 

セットリストは

 

幻想序曲 ロミオとジュリエット  (チャイコフスキー)

ピアノ協奏曲 第2番 (ラフマニノフ)

交響曲 第6番 (チャイコフスキー)

 

指揮は ヴォロディミール・シレンコ

ピアノは ウラジミール・ミシュク

 

6番は高校時代から大好きな曲。

初めて生で聴きました。

ピアノのアンコールは

チャイコフスキーの秋の歌。

 

すべてよかった。音響もよかった。

やっぱりいいホールで聴いてこそです。

 

ロシア音楽尽くしで、ロシア人演奏ですが、硬派で流麗でした。

 

 

 

以下無関係。

日光の犬猿。

 

 

 

poweR spot

THe power spot  in japan, Nikko Toshogu.

 

 

・・・パワースポットってなんだ?

 

でも元気になったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ざる、聞かざる、言わざる。

人の一生を表したものって知ってた?

 

悪しきものは、コドモに見せちゃだめっ!

ってことらしい。

 

 

 

 

 

エアコンききすぎ注意。